SG世界線に岡部以外がいてR世界線に岡部だけがいるという状態と、平行世界はない設定との矛盾についての考察です。

以下の解説での略語の意味
RS=リーディングシュタイナー
SG世界線=シュタインズゲート世界線

解説
平行世界であったのならば、ある世界線内の変化は別の世界線にいる人物には絶対に影響を与えない。

が、アクティブな世界線は一つだけの設定との矛盾の(3)の「岡部という人(=肉体、精神)と記憶の存在根拠は、R世界線ではなくSG世界線に依存する。」の項目より、R世界線の岡部という人(=肉体、精神)と記憶の存在根拠は、R世界線ではなくSG世界線に完全に依存している。つまり、SG世界線での影響が、R世界線の岡部に影響を与える。

また、平行世界であったのならば、別々の世界線において同一時間に秒単位で完全に同じ年齢の同一人物が重複して存在して活動していることが必ずある。

が、R世界線の岡部とSG世界線の岡部は、同一時間に秒単位で完全に同じ年齢でR世界線とSG世界線に重複して存在していることは全くない。

何故ならば、岡部の存在確率は以下のようになっているためである。

(1)2011年8月以前

・岡部がSG世界線の誰かに観測されていたときとその前後の時間
SGでの存在確率:Rでの存在確率 = 100:  0

・岡部がSG世界線の誰にも観測されていなかったとき
SGでの存在確率:Rでの存在確率 =   0:100

(2)2011年8月以降

・未来から来た鈴羽より岡部はSG世界線の誰にも観測されていなかったため全て0
SGでの存在確率:Rでの存在確率 =   0:100


よって、岡部だけいるR世界線と岡部以外がいるSG世界線は、平行世界の条件を満たしておらず、平行世界ではない。

2014年01月20日 12:00│Comments(0)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 


TOPへ